なかや一博 ブログ

「院展」富山展

土の香の 濡れて春めく 庭なりし  稲畑汀子

2月12日富山県民会館美術館で開催されている、再興第107回院展富山展を鑑賞した。北陸3県持ち回りで富山開催は三年ぶりである。それにしても、芸術の秋、スポーツの秋と言われるが、その言葉はもう死語なのかもしれない。
院展の次は3月に、富山県美術館で棟方志功生誕120年展が開催されるし、4月に入ると2年に一度の「日展」も予定されている。又、県内各地の美術館でも年中芸術に関する企画展が開催されている。、スポーツも同様で大変有難いことである。

さて、今回の富山展は、パンプレットによれば、「日本美術院の主催する「院展」は日本画の公募展としては国内最大規模を誇ります。
本展では、令和4年9月東京都美術館で開催された「再興第107回院展」の出品作品297点の中から同人作品をはじめとして、受賞作品、富山県を含む北陸出身、在住の入選作品を中心に厳選された66点を展示し、今日の日本画の動向を広く紹介します。」とありました。

私のような素人には、作品を評価することは出来ませんが、どの作品も大作ばかりで、圧倒されますが、どことなく癒されるというか、ほっとする作品ばかりでした。中でも滑川市出身で名誉市民である下田義寛画伯の作品を鑑賞するのも目的の一つでありました。
画伯の作品は「塒」{ねぐら}とあり、バックの森の「塒」から大空に向って飛び出す「オオタカ」の雄姿が描かれ作品の左下に画伯の言葉が掲載されていました。

「大鷹(オオタカ)」大きさからでなく、羽根の色が青味がかった灰色をした鷹を意味する「蒼鷹(アオタカ)」に由来する尾羽が長いのが特徴、中型のからだは森の中で木々や茂みの間を飛行する際に有利であるほか、長い尾羽は空中でブレーキや方向転換に役立つ{ウィキベデイア参照。}中学2年の時、鎮守の森でアカマツの大木の高い場所に直経1m位のオオタカの営巣を発見し、ひそかに巣立ちまで見届けた。

あのわくわくと過ごした時間は今もはっきりと脳裏にやきつけられている。今アトリエには数羽のオオタカの剥製があり、特に大空へ舞い上がろうとする姿が気に入って何度も繰り返し写生する度に、あの時のときめきが鮮明に甦る。」とある。
オオタカは県庁正面3階にも立山・剣をバックとしたと思われる雄姿を含め何点かある。画伯のオオタカに寄せる思いの原点がここにあったとは始めて知った。何度か画伯と飲食を共にしたり、自宅を訪問した思い出がある私にとって、画伯の一層の活躍を願い会場を後にした。尚、富山県立の公共施設での高齢者の割り引き制度はない。他の都道府県ではある。他県の例も参考にして検討してもらえれば有り難いが・・・・。

CIMG5143

CIMG5141



なかや一博 オフィシャルブログ

ブログ 最新の投稿(5件)

6月 2024
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
なかや一博 フェイスブック

リンク

トップへ戻る