なかやかずひろ
なかやかずひろ
ごあいさつ

滑川を正常に

私は4年前、市民の皆さまより厳しい審判をいただきました。その結果、市政のあり方を市民目線で今一度見つめ直し、誠実で、謙虚で、正直で、嘘のない政治を皆さまのために目指すことを改めて決意しました。

「財政危機」、「非常事態」と言いながら、スポーツ・健康の森公園や海洋高校の跡地利用など大型事業や公共施設の耐震化が図られたことは、結局財政は非常事態でも、危機的状況でもなかったということ証明しています。
また、実質公債比率が下がってきていることも、もともと4年前からそうなることが発表されていたことです。12年前、市の一般会計では約147億円の借金がありました。私の2期8年間で約41億円を返済し、4年前の借金は約106億円に減りました。

しかし、この4年間はどうだったでしょうか。“将来の子供にツケを回さない” 、“主婦感覚ならこんな乱暴な借金はできない”と言いながら、平成25年度末の市の借金は約115億円と言われ、加えて下水道事業等の特別会計を合わせた市全体の借金総額も4年前より増えています。

また、市と県、市と市議会との関係は良好と言えず、しかも市職員も市長に対し自由に進言できる状態でなく、人の意見に耳を傾けない、まさに独善政治であります。
それゆえ、市政の転換を求める熱い声と、多くの市民の皆さまからの再三にわたる要請を受け、熟慮の末に私は決断いたしました。
有能な市職員の「力」を十二分に発揮できる環境を作り、その能力を引き出すことこそトップに求められる資質であります。思いつきや思い込み、そして嘘の政治であってはなりません。

オリンピックの東京誘致は一度失敗しました。安倍総理も一度は総理の座を降りました。しかし、一度の失敗や挫折があっても頑張れば、努力をすれば再び実を結ぶ社会であることを証明したいと思います。

今さら「チーム滑川」と言われても、そんな状態に誰がしたのでしょうか。

私は、パフォーマンス政治をするつもりは毛頭ありません。自助・共助・公助を基本とし、市民の皆さまと協働の精神で、嘘のない政治、風通しの良い政治に誠実に取り組んでまいります。

今こそ市民の皆さまに真剣に考えていただく時です。
ともに市政を刷新し、再び「輝く滑川」を取り戻すために是非ともお力添えをお願いします。

なかや 一博 



なかや一博 オフィシャルブログ

ブログ 最新の投稿(5件)

11月 2019
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
なかや一博 フェイスブック

リンク

トップへ戻る