なかや一博 ブログ

石井県知事訪問

1月17日午後1時石井隆一県知事を知事室に訪問し、以前から紹介していました「未来に伝えたい、薬都とやまの歌」のCDを贈りました。

CDの内容は、すでに何度か内容を紹介していますので省略しますが、

①昭和8年・「越中富山の薬屋さん」
作詞・松原与史郎 作曲・高階哲夫

②昭和11年・「廣貫堂音頭」
作詞・西條八十  作曲・中山晋平

③昭和12年・「富山売薬歌」
作詞・相馬御風  作曲・福井直秋

④昭和28年・富山市が歌詞を全国公募して制作した
「富山家庭薬の歌」作詞‣多木良介 作曲・黒坂富治

⑤昭和43年・「愛のともしび」 東芝レコード制作

の戦前3曲と戦前2曲等を一枚のCDに収録したものです。

知事には事前に訪問内容が伝わっており、会話はスムーズに進みました。
やはり、作詞・作曲者が一流の詩人や音楽家によって作られていることや、音源不明を復元したことなどに驚かれたり、薬業界がいかに富山県の産業界に大きな位置を占めていたかを改めて認識しておられました。

また、今日、富山のくすりが、県内の医薬品総生産額が、全国トップクラスになったのも、1兆円産業を目指す位置になったのも、その原点はやはり配置薬業にあることを話しました。
尚、知事は元気そのものでしたが、一層の活躍を祈念し「六神丸」を贈りました。

その後、厚生部長室に行き、市村仁志厚生部長と同席した木内哲平次長にも同様の話をして、それぞれにCDをお渡しして配置薬業への理解を深めて頂きました。

写真は知事室にてCDを贈る。
DSCF5228



なかや一博 オフィシャルブログ

ブログ 最新の投稿(5件)

8月 2020
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
なかや一博 フェイスブック

リンク

トップへ戻る