なかや一博 ブログ

皇居東御苑臨時公開

金色の 小さき鳥の形して 銀杏散るなり 夕日の丘に   与謝野晶子

11月28日全弓連第4回理事会出席の為、上京の折皇居東御苑を散策した。この御苑は、皇居造営の一環として、皇居東地区の旧江戸城本丸、二の丸及び三の丸の一部を皇居附属庭園として整備することとなり、昭和36年に着工し、昭和43年9月に完成したもので、面積21万㎡の庭園です。

さて、今回の臨時公開は、桜の時期、大阪造幣局の通り抜けと同様、紅葉時期に坂下門から入り、東御苑の紅葉や季節の移ろいを感じながら一方通行で宮内庁庁舎、昭和41年香淳皇后の還暦を記念して建てられた音楽堂「桃華楽堂」、汐見坂、同心番所、百人番所、松の大廊下跡、富士見多聞、天守台、江戸城天守復元模型、{順不同}三の丸尚蔵館前を通り、大手門を抜けるという約750mのコースで、期間は11月25日から12月3日まででした。

普通、東京駅から坂下門までは私の足では15分位ですが、期間中は東京駅から大きな道路を横断したところで左折して、ぐるりと回り二重橋を見て右折して坂下門への向うため倍ぐらいの時間を要しました。正直言って、モミジやカエデの紅葉はいまいちでした。ただ銀杏だけは都内全体が綺麗でした。
ゆえに、標題の一首を掲げました。

ここで、現存する江戸城の天守台について記しておきます。
江戸時代の天守閣は、慶長12年{1607}に完成した。当初、石垣の高さは約14mあり、その上に我が国最大の天守閣がそびえていたが、明暦3年{1657}明暦の大火で焼失した。
翌万治元年に加賀藩が担当して再建された天守台では、建物は計画図面まで描かれたが、再建は中止された。時代は4代将軍徳川家綱。武家社会では天守閣は権威の象徴。しかし家綱は明暦の大火で焼失した江戸城下の再建と民生の安定を優先した。

その結果、天守が無い状態が以後210年間続き明治を迎える。見方を変えれば,明暦の大火当時には、すでに徳川幕府に大規模に反乱を起こす勢力はなく、徳川安定期に入っており、大火の後も210年間徳川幕府が続いたのであろう。加賀藩が築いた天守台に登り周りを眺め往時を偲び、一人感慨にふけった。

大手門を出て、再び皇居前広場に戻り、楠正成騎馬像へ行きました。戦前、どこの小学校にも、二宮尊徳像、奉安殿、楠正成騎馬像があった。しかし、戦時中騎馬像は軍へ供出し、戦後奉安殿は撤去されたが、二宮金次郎像は辛うじて残った。
それでも昭和30年代から校舎の老朽化に伴い、新築が相次ぐ中で徐々に消えてゆく。唯、私の母校田中小学校には残っている。奉安殿も戦後某寺院の境内に移設されたが、現在は早月川左岸、箕輪豊隆橋袂に「水神様」を祭る社代りとして鎮座している。

豊隆橋の名の由来は、当時、滑川出身・参議院議員石坂豊一氏の「豊」と富山市出身衆議院議員・内藤隆氏の「隆」の二文字からと言う。それらにも思いを馳せた皇居参観であった。

写真は、東御苑の紅葉。加賀藩担当の天守台。江戸城復元模型。楠正成騎馬像。

CIMG5405

CIMG5414

CIMG5418

CIMG5422



なかや一博 オフィシャルブログ

ブログ 最新の投稿(5件)

3月 2024
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
なかや一博 フェイスブック

リンク

トップへ戻る