なかや一博 ブログ

年別アーカイブ: 2021年

高島 高シンポジウム

母「母は 傷みやぶれた手風琴です」 北方の詩より 高島 高

12月5日{日}詩人であり医師でもあった高島 高のシンポジウムが富山市立図書館本館2階で開催された。高島 高は滑川市加島町に明治43年{1910}7月1日に生まれ、昭和30年{1955}5月12日45歳の若さで亡くなった。
それ故、高島 高と言っても、没66年もたち、知る人はそう多くはないと思う。

しかし、剣岳や立山を題材にした「北方の詩」など郷土の風土を題材にした雄大な作品で知られるとともに市内の田中、寺家、西加積、富山市呉羽老田、小杉の各小学校や県立水産高校の校歌、また「滑川市の歌」「滑川情緒」などを作詞している。
こんな事から滑川市においても、昭和58年{1983}7月、滑川市文化センターで「ふるさとの詩人高島 高展」が開かれ、次いで平成17年{2005}8月6日―28日まで市立博物館で企画展「いのち輝くときー孤高の詩人 高島 高展」が開催された。
それが、今年6月滑川市緑町出身のグラフィックデザイナー伊勢功治氏が、高島 高の知られざる一生を明らかにした著書を刊行され、富山の芸術文化の振興に貢献した人に贈られる翁久允賞を受賞されたことを機に、翁久允財団が今回企画されたものと思う。

シンポジウムの出席者は、
①公益財団法人・翁久允財団 須田 満氏{翁久允の孫}演題・久允と高島 高の関わり
②県詩人協会・顧問 池田瑛子氏 演題 詩の光が呼ぶ
③歌人 細川喜久恵氏 演題 文学の原点
④富山文学の会{富山商業高校教諭} 金山克哉氏 演題 久遠の自像・人生記銘
⑤グラフィックデザイナー 伊勢功治氏 演題 東京時代の高島 高

それぞれの立場で話をされた後、金山氏がコーディネーターとなって進行されました。
特に印象に残ったのは、細川さんは現在98歳で、18歳当時立山製紙にタイピストとして勤務。社長は滑川の深井粂次郎氏。
多分そんな縁で会社の保険医が高島 高。高島が詩壇選者を務める郷土文化誌「高志人」に投稿し、直接指導を受けた話はまさに生き証人の話であった。

「詩とは孤独をエサとして成長する」
「詩の光は永遠」
「詩は生命にプラスする」

などの言葉や漢字の使い分け。同じひげでも口ひげと顎ひげの違いや、曼殊沙華のあかと夕日のあかの違いなど教えられた話など、98歳とは思えない元気な語り口でした。

伊勢氏は講演の中で蛍烏賊の足の刺身を「竜宮ソーメン」或は、「イカソーメン」と呼ぶのは萩原朔太郎が昭和14年6月滑川を訪れ食べた時、初めてこの言葉を使ったという。伊勢氏に確認しましたがその通りとのことでした。
いづれも高島 高の詩を語り継ぐ大切さを述べられました。

私の場合、高島 高同様加島町に生まれ育ち現在に至っていることから、幼少の頃、風邪などで診察を受けたことや、当時,人力車に乗って往診に行かれるカッコ良い姿を今でもはっきりと覚えている。
また、高先生が亡くなった後、高島医院を継承されたのが、弟の高島 学先生です。学氏も医師であり俳人であった。両兄弟の文学の素養は、父の地作氏が医師であり、号を半茶と称し地元でも有名な俳人で、著名な文人墨客との交流があった。

そんな血筋が高島兄弟に流れているのだろうと思う。私は、お二人の医師には診察は受けたが、詩や俳句を教えて貰わなかったのは今となっては残念なことである。
しかし、母校田中小学校校歌「希望の丘」や「滑川市の歌」「滑川情緒」はよく口ずさんだし、また、弟の学先生の時には時々モダンな応接室で歓談もした。そんなことから私自身は身近な存在で親しみを覚える。

さて、私は、詩や文学に関しての知識や能力はありませんから、高島 高の詩を論評する資格はありません。しかし、凄い詩人だったことは幾つかの事例で理解できる。

例えば、昭和25年{1950}「現代詩人展」で高村光太郎の「智恵子抄」草野心平の「蛙」などとともに、高島 高の「北方の貌」がこの年のベスト5に選ばれているのを見てもわかる。
また、昭和10年{1935}萩原朔太郎、北川冬彦、千家元麿、佐藤惣之助、が選考委員の詩コンクールで「北方の詩」が一等入選。昭和13年{1938}処女詩集「北方の詩」を刊行。それに萩原朔太郎と北川冬彦の二名が序文を載せている。

高島 高は明治43年{1910}医師高島地作の二男として市内加島町にうまれる。旧制魚津中学校卒業後文学を志し、日本大学文科に進学したが、父の高島医院を継ぐため、昭和医学専門学校{現、昭和大学医学部}に進み医師になり、昭和14年{1939}郷里滑川へ帰り開業。
昭和16年{1941}第二詩集「山脈地帯」を刊行するなど文学の道も諦めずに詩作に励む。
昭和17年{1942}「高志人」詩の選者となる。昭和18年{1943}軍医として応召。
昭和20年{1945}タイにて終戦。収容所生活。昭和21年{1946}南方より帰還。
その後も詩作活動を続ける中、昭和24年9月田中小学校校歌「希望の丘」作詞。作曲は高木東六である。

また、昭和29年3月滑川市が市制を施行した時「滑川市の歌」を作詞した。作曲は信時潔である。氏は「海ゆかば」など国民歌の作曲者として、また音楽家として稀な芸術院会員となっている。この様に帰郷後も中央の著名人との太いパイプがあったことがわかる。彼は昭和30年{1955}5月12日45歳の若さで惜しまれてこの世を去った。
昭和40年{1960}5月12日没10年の節目に市内行田公園の一角に詩碑建設委員会の名において詩碑が建設された。
その詩は「北方の詩」の一部で下記の通りです。

剣岳が見え
立山が見え
一つの思惟のように風が走る
北川冬彦 書

この時、昭和13年刊行の処女詩集「北方の詩」が再刊された。
また、昭和59年10月15日、編者・稗田菫平・発行者・高島 高詩集刊行会が 名作選 高島 高詩集を刊行した。その序に昭和22年に刊行した「北の貌」に序として相馬御風が長文を寄せている。
この詩集の後記の最後に稗田菫平氏は「詩人としての高島 高については、萩原朔太郎、北川冬彦、相馬御風氏らの序にも見られるごとく、詩壇的には評価が定まっており、あらためて加えることはない。名作選の名に恥じないこれらの詩編が、多くの人びとに迎えられて愛唱されることを切に希うものである。」私も全く同感である。

詩碑はもう一か所ある。市営堀江野球場ライト側ポケットパークに平成5年{1993}9月18日滑川ライオンズクラブによって建設された詩碑である。
「北方の詩」の中にある

「力」
肉体をつらぬく焔がある
この焔をこめて燃え上がった生命があるというのだ
ぶつかれ!

詩碑が建設されて20年近くたち、詩碑の前に植樹された樹木は詩碑を覆いかぶさるような大木なっている。

また、高島医院の山側の隣接地に滑川市民会館分館西地区コミュニティーセンターがあり、医院の横には田中川が流れている。
それ故、ホール正面側の壁面と、田中川に面した壁面に縦約2m横約3mの大きさの陶板焼きのタイルに地元の書家によって書かれた「蛍烏賊」と「田中川有感」の詩がある。蛍烏賊の詩は幾つもあるが、そのうちの一つです。

先ずは、改めてもう一度ご覧ください。
私な好きな蛍烏賊の詩と昭和28年11月1日滑川町と近郷6か村が合併した時に色紙に書かれた言葉を記します。
幾つもありますがその一つの

「蛍烏賊」
太古への郷愁をたとえてみれば
闇の海の底へとしずんでゆく
ほたるいかでしょううか
滑川という越中の小さな町の

昭和28年11月1日滑川町と近郷6か村が合併した時の色紙に記した言葉。

大滑川町を祝す
北方荘主人 高島 高

その握手は 偉大であった
ことほげよ 菊かほる佳日よ
今こそ 親愛と協和との
ちかいに燃えたのだ   
1953年 秋

写真は、シンポジウム風景。行田公園の詩碑。堀江野球場の詩碑。昭和28年11月1日の色紙{広報なめりかわ縮刷版より}。
西地区コミュニティーセンター壁面。昭和40年再版の「北方の詩」と昭和59年発行の名作選・高島 高詩集。

DSCF5789 DSCF5793

 DSCF5791     DSCF5794

 DSCF5797 DSCF5796



京都・清水寺~東京

11月24日京都清水寺で聖徳太子1400年聖偉法要が営まれ、また、その機会に一字写経が募られ、寺よりお誘いの声を掛けて頂いたことを勝縁として参拝しました。
12時30分頃清水寺に到着。係員より迎賓館に案内され、森清範貫主と2年ぶりの再会を喜び、しばし歓談。
次いで、貫主の案内で13時から多数の信者で埋め尽くされた観音堂で行われたお勤めに最前列に座り参列しました。その後、貫主自らの案内で、50年ぶりに、檜皮葺きに吹き替えた国宝本堂や、新装なった檜舞台を含め、13年の歳月をかけ大修理が行われた諸堂を解説して頂いたのには恐縮しました。正に江戸時代寛永の姿がもみじの紅と銀杏の黄色などの紅葉と清水寺とが一体となり、実に美しい風景でした。

13時より円通殿で法要に先立ち、清水寺執事補大西晶允氏の前講がありました。
貫主同様ユーモアを交え、太子と清水寺の縁などを話されました。以前、清水寺の青年僧侶、森清顕氏、大西英玄氏、大西晶允氏、大西晧久氏、の4氏が「清水寺へあいにこないか」の本を出版され、これを読んだことと、今回の前講をお聞きし、いずれこの4人の方々が次代の清水寺を背負ってゆかれることと大変頼もしく思いました。法要が行われた円通殿の真ん中に観世音菩薩像、像の前に清水寺の塔頭の一つである来迎院の経書堂に安置されている太子像のお前立が特別に置かれ、右手に清水寺中興の祖、大西良慶和上の坐像があり、森貫主が導師となり、太子和讃の読経を始めとして厳粛に営まれました。

その後、森貫主の法話があり15時過ぎ滞りなく終了しました。前述の通り、太子を祀る経書堂があり清水寺と太子の縁は古くよりあったようです。それ故、森貫主は4月5日法隆寺で開催された太子1400年法要にも招待され、奉讃文奉呈の依頼を受けて出席されています。奉讃文は私も頂き一読させて頂きました。
この様に太子と縁のある法隆寺はもとより、四天王寺,、橘寺等清水寺同様各地で1400年法要が営まれているとのことでした。手荷物は寺務所に置いてあった為、そこに戻り、来年の市民文化講演会での再会を約し寺を後にしましたが、貫主が玄関の外まで見送りに出られたのには頭が下がる思いでした。

清水寺には観光客や修学旅行の生徒たちで溢れていましたが、インバウンド、つまり外国人観光客がほとんどいなかったのには、一抹の淋しさを感じました。しかし、いづれ従来の賑わいを取り戻すと思います。

24日は京都泊。25日全日本弓道連盟理事会出席で東京へ。当日は終日快晴で静岡付近の新幹線の車窓から眺めた富士山は青空にくっきりと浮かび実に綺麗だった。最近の会議はリモートであったが、久しぶりの対面会議であり、議論は活発で迫力があり臨場感がありやはり対面会議の良さを実感した会議であった。

その後、環境省の中井徳太郎事務次官を訪ね、しばし歓談しました。氏は財務省出身で富山県に生活環境部長として出向の折、我が家で盃の友情と称し、よく歓談したものです。

いづれにしても、富山―京都―東京―富山と回った旅でしたが金沢からのサンダーバード号も、京都―東京間の東海道新幹線も、東京―富山間の北陸新幹線も、そして京都駅、東京駅、加えて清水寺の賑わい。或は、東京などは会食も4人から8人と制限緩和されるなど確実に経済活動は活発になりつつある。
しかし、最近ではブレークスルーと言われるように、ワクチンや抗体薬の効果が落ちてくることが懸念され、3度目のワクチン接種も行なわれることになった。第6波が危惧される中、ヨーロッパ各地で感染が拡大し、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」が南アフリカなどで確認されたという。クリスマスから年末年始を控え油断禁物。一日も早い終息を願わずにはおれません。

写真は①清水寺貫主森清範氏と清水寺迎賓館にて。②円通殿にて聖徳太子1400年法要。③快晴の富士山新幹線車窓から静岡付近。④環境省事務次官中井徳太郎氏、次官室にて。

CIMG4789  CIMG4799 

CIMG4807 CIMG4811



松桜閣見学(11月5日)

4日は宇奈月温泉で一泊。前日同様快晴である。10時黒部市若栗にある松桜閣を見学。
松桜閣{しょうおうかく}はパンフレットによれば、「初代富山県知事国重正文が1883年に現在の富山市に建て5年住んだ建物です。
国重が富山県知事職を離れた後、黒部の豪農であった西田収三が購入し、現在の場所に移築しました。

その後、地元の天真寺が西田家から1931年に買い取りました。現在はNPO法人松桜閣保勝会が管理しています。
松桜閣は日本の茶道様式に基づく、数奇屋造りの建築様式で建てられ、「北陸の銀閣」と呼ばれています。庭はもともと西田収三が造ったものでしたが、1932年に庭師の城川久治により、「近江八景」をモデルに改めて設計されました。
「ここでは日本の伝統を感じ、四季折々を楽しむことができます。」と記してあります。

ただ、松の古木は確かに多くありましたが、桜は枝垂れ桜2本だけだった。しかも、木の太さや大きさからして、戦後植樹した木のようで、説明員にただしたところ解らないとのこと。
多分富山市で建設当時は桜も結構あったと思われる。それ故,松桜閣と名ずけられたのだろう。確かに京都北山の「銀閣寺」に似ていた。建物や庭園は実に見事なものであった。
尚、国重正文は長州の人である。場所は、北陸新幹線黒部・宇奈月温泉駅より250mの所にあります。

その後、あいの風とやま鉄道水橋駅前「世界一かわいい美術館」を見学した。両日とも天候もよく、充実した一泊二日の小旅行でした。
写真は、松桜閣にて。

CIMG4788

CIMG4777



黒部トロッコ電車と宇奈月温泉(11月4日~5日)

谷という 器溢れる 紅葉かな

11月4日{金}~5日{土}紅葉の黒部峡谷をトロッコ電車で家族と共に楽しんだ。
4日、10時44分、宇奈月駅を出発。新山彦橋を通過。宇奈月温泉の源泉のある黒薙。排砂ゲートのある出し平ダム、猫又、鐘釣など滑川出身の室井滋さんの分かり易いナレーションを聴きながら、12時03分終点欅平駅着。
20.1㎞。所用時間約80分の旅である。

欅平駅周辺には、特別名勝、特別天然記念物、猿飛峡があるが残念ながら途中道路が不通の為行けなかった。
そこで、名剣温泉まで散策したが、人食い岩の岩肌を彩る木々の黄色や常緑樹の緑に、朱塗りの奥鐘橋が鮮やかであった。

さて、トロッコ電車を運行する黒部峡谷鉄道は、今年創立50周年を迎えた。平成の始めから約15年間は100万人を超える乗降客数は1994年には137万人と過去最高を記録し、立山・黒部アルペンルートを凌ぐ勢いであった。
しかし、最近10年間は観光の多様化もあり60万人から70万人台まで減少。そこに新型コロナが追い打ちを掛けた。これは単に宇奈月温泉だけでなく全国の観光地も同様である。

実は10月21日~22日に今回と同じコースで宇奈月へ行ったが観光客もまばら、トロッコ電車もガラガラで、正に閑古鳥が泣いていた。
しかし、10月末には緊急事態宣言も蔓延防止等も解除されたことから、トロッコ電車もほぼ満席状態で、結構賑わいが戻って来ているように思えた。
日本広しと言えども、これ程変化に富み、80分も峡谷美を満喫出来るトロッコ電車は此処しかないと思う。
これを含め、立山・黒部アルペンルート等魅力的な山岳観光が富山県に、しかも、こんなに身近な所にあるのは嬉しい限りである。
これを、もっともっと内外に発信してゆきたいものだ。

写真は、トロッコ電車。欅平にて。奥鐘橋より人食い岩を望む。名剣温泉。

CIMG4771

CIMG4768

CIMG4755

CIMG4726



立山砂防の防災システムを世界遺産に

初雪の 高嶺を裂きてみ空より もみじの中に 落つる大滝 称名滝にて  川合玉堂 

10月30日{13時30分―17時}富山国際会議場メインホールで、世界遺産登録推進シンポジウム{主催・富山県世界遺産登録推進事業実行委員会}が開催された。
開催主旨は「富山県は、日本イコモス委員会によって「日本の20世紀遺産20選」に選定された立山砂防の歴史的砂防群の世界遺産登録を、関係機関や民間団体等と連携しながら目指す」とパンプレットにあります。
そして、今回のシンポジウムでは、立山砂防の世界遺産登録に向けた評価を確立するため、世界遺産の最前線で活躍する専門家による世界遺産を活かしたまちづくりについての講演や世界遺産とツーリズムの現状・防災遺産のツーリズム活用についてのパネルディスカッションをとおして立山砂防の顕著な普遍的価値を広く発信する機会として企画されたものです。
 
当日は、
13時30分 開会 主催者挨拶 新田八朗{富山県知事}
13時45分 基調講演「世界遺産を活かしたまちづくり」宗田好史氏{京都府立大教授}
14時45分 報告 「富山県の立山砂防の世界文化遺産登録への取り組み」 新田八朗 富山県知事
15時30分―17時 パネルディスカッション
 ・コーディネーター 西村幸夫氏{日本イコモス国内委員会顧問}
 ・パネリスト 松浦晃一郎氏 {第8代ユネスコ事務局長}
        宗田好史氏 {京都府立大・教授}
        小山内信智氏 {政策研究大学院大学教授}
        北河大次郎氏 {文化庁文化財調査官}

それぞれ専門分野のエキスパートを一堂に会したシンポジウムでした。

ご存知の通り、立山カルデラは、今から163年前1858年{安政5年}、跡津川断層の活動において推定M7,3-7,6の安政飛越地震が発生し、大鳶山、小鳶山が崩壊し約4億㎥の大量の土砂が立山カルデラとその出口付近に堆積し天然ダムできた。
その後、ダムが決壊し大土石流が発生した。これが安政の大災害である。その後、常願寺川は氾濫を繰り返す暴れ川に変わり人々を苦しめた。そこで1906年{明治39年}富山県は砂防工事に着手し1926年{大正15年}より国に引き継がれた。

立山カルデラでは富山平野で暮らす人々の生命や安全を守るため、厳しい自然環境の中に、今日でも砂防工事が続けられている。これによって長年にわたり崩れを防ぎ、流れ出す土砂を止め、下流の富山平野に住む人々を土砂災害から守り続けてきた。それが立山カルデラの歴史的砂防施設群として存在している。
特に1939年{昭和14年}に完成した「白岩堰堤」は副堤をふくめた総落差が108mと日本一の高さの大規模な堰堤だ。1936年{昭和11年}に完成した「本宮堰堤」は、日本最大級の貯砂量500万㎥を誇る。「泥谷堰堤」は1938年{昭和13年}に完成した階段式堰堤で、渓岸や山腹を安定させ、崩壊地の植生回復に寄与している。

これらの防災遺産は、今なお現役で国土の保全に重要な役割を担っている。2017年{平成29年}11月には、常願寺川水系を一体的に治める治水対策の礎となった施設であり、我が国の治水上、価値が高いとして、すでに指定されていた白岩堰堤に、本宮堰堤と泥谷堰堤を加え「常願寺川砂防施設」として国の重要文化財に指定された。{一部シンポジウム資料より}

3時間半にわたる内容を限られた文章で述べることは困難ですが、世界遺産登録申請にはまだまだ克服すべき課題があること。
例えば重要文化財に指定された3ヶ所の堰堤を中心にすべきなのか。或は、それら等を含めたエリアとすればその範囲は。などがあるが、何と言っても県民の盛り上がりが必要不可欠であることだ。
その為にも、小学生の総合学習の場でも取り上げるべきとか。また、ユニークな意見でしたが、子供たちに「トロッコ電車に乗って、たどり着いた天涯に富山平野を守ってきた天涯の村があった」などの童話を作ってはなどの提案もありました。

いづれにしても、富山平野に住む私たちが、災害から守られているのは立山砂防のお陰であるとの意識が希薄なような気がする。それは、普通災害復旧工事と言えば,我々の目に見える場所で行われることがほとんどで,それ故、その有難さを十分感じることができる。
しかし、立山砂防工事は我々の暮しから、遥かに遠い立山カルデラの中であることが、立山カルデラや砂防工事そのものへの認識を希薄にしているのだろう。このシンポジウムを機に改めて立山砂防工事の重要性を再認識した。
国内外へのさらなる発信が必要であり、いつの日か「日本固有の防災遺産―立山砂防の防災システム」が世界遺産に登録されることを願うものです。
地鉄立山駅向かいに「立山カルデラ砂防博物館」があり是非をお勧めしたい。

写真は、パンフレットとシンポジウム風景。

DSCF5769

DSCF5766